こんばんは、千葉DRONE WALKER編集長の戸出です。先日24日、クリスマス・イブの日にCFD販売様主催、ダイヤサービス後援で今年2回目となる「DJI NEW PILOT EXPERIENCE in 千葉」が開催されました。

当初は24日という日にもかかわらず、10名以上の申し込みがありました。クリぼっちしか来ないのではないかと危惧していたのですが、最終的にキャンセルなどが出てしまい8名とはなりましたが、その分、機体に触れる時間の長い体験会になったようです。私もオブザーバとして参加してきましたので、当日の様子を簡単に振り返ってみたいと思います。

前回同様、まずは座学でしっかりと安全について学ぶ

CFD販売様の座学は、安全についてかなり時間を割いて説明をされております。千葉DRONE WALKERを運営するダイヤサービスのドローン空撮「SORA.blue」でも”Safety First”を売りにしており、この姿勢については非常に共感しております。もちろん操縦技術も大事ですが、落とさないための知識やノウハウも大事です。時間の制約はあれど、こういった部分に多くの時間を割く。正規代理店として素晴らしい取り組みだと思います。

サプライズとしてDroneWraps®クリスマス特別ベージョンドローン登場

今回、まさかのラッピングドローンが展示されておりました。DroneWraps®の特別仕様として、クリスマスバージョンのPhantom4 AdvancedとMavic Proがそれぞれ展示されていたんです!これ、本当にすごい。機体の購入と同時にフィルムの注文や施工までお願いすることで、機体の保護にもなりますし、他の人との差別化にも繋がる、非常にユニークなサービスです。聞くところによると、慣れている方なら40分ぐらいで貼れてしまうらしいです。ここまできれいに貼ってあると、なんか剥がすのがもったいないですね。

座学の後は場所を移動して体験会

CFD販売様のDJI NEW PILOT EXPERIENCE in 千葉は、屋外(HATAドローンフィールド千葉)でフライト体験できるというのが魅力の1つ。そもそもドローンは基本的に屋外で飛ばすものですので、室内は室内で天候に左右されないというメリットはありますが、やはり屋外でのフライトは開放感があって断然良いと思います。

外は寒いですが、参加された方は皆、ドローンへの思いを熱く機体にぶつけておりました。半分以上がドローンを初めて触る方々ですが、DJIスペシャリストによる的確な指導で、二班に別れて初めての大空へ! (あの時のワクワク感は実は私も今でもしっかり覚えています。)参加者からの質問も非常に多かったですね。それだけドローンへの興味が高かったということなのでしょう。

イベントの目玉の1つ、DJI Gogglesの体験を今回も実施

以前から私も欲しくて仕方ないDJI Goggles、このゴーグルを装着するとまさに空中散歩を体験することができます。自分が下を向けばドローンのカメラも下を向き、横を向けば多少ではありますがカメラも横を向いてくれます。下を向けたままドローンを直進させると、まさに鳥になった気分で地上を見下ろすことができちゃいます。今回は夕日の傾く幕張新都心を中心に、皆さまに素敵な散歩を楽しんでいただきました。

イベントの最後は恒例のじゃんけん大会!

CFD販売様より景品を2名に用意していたのですが、まさかの1回目のじゃんけんで2名のみに絞られるという、ちょっと微妙なじゃんけん大会となってしまいました。(汗)でも商品を手にされた方は嬉しそうでしたね。いいなぁ、私も欲しいなぁ・・・。

CFD販売様のFacebookページにも報告レポートあり

当日の様子はCFD販売様のFacebookページにも掲載されております。ぜひご覧ください。

CFD販売様Facebookページ
DRONE GARAGE
DroneWraps®