こんにちは、千葉DRONE WALKER編集長の戸出です。先日、Mavic Airが発表・発売されましたね。数日前にHATAドローンフィールド千葉のお客様に見せていただきましたが、子供の足ぐらいのサイズ、しかも折りたたみ。これは間違いなく売れそうです。

スポンサーリンク

ドローン未経験者・初心者必見!

Mavic AirとMavic Proどっちのが良いの?

これは必ず聞かれそうですが、趣味レベルであれば予算次第で判断して良いと思います。個人的にはカメラ性能の観点からMavic Proのほうをオススメしますが、スマホやPCで動画見るぐらいの範囲であればどっちでも良いかな、とも思います。一応、それぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

Mavic ProのほうがMavic Airより優れている点

・飛行時間が長い(Mavic Pro:27分、Mavic Air:21分)
・最大飛行距離が長い(Mavic Pro:13km、Mavic Air:10km)
・有効画素数が大きい(Mavic Pro:1,235万画素、Mavic Air:1,200万画素)
・カメラ性能としてより明るいレンズを採用(Mavic Pro:f/2.2、Mavic f/2.8)

Mavic AirのほうがMavic Proよりも優れている点

・障害物検知が全方位
・内部ストレージがある(Mavic Air:8GB、Mavic Pro:なし)
・より軽量(Mavic Air:430g、Mavic Pro:743g)
・広角レンズを採用(Mavic Pro:28mm(35mm換算) 、Mavic Air:24mm(35mm換算) )

フレームレートについては、どうやらMavic Airについては数値上はMavic Proよりも良くなっているものの、実際にはそこまでではないという話も出ており、詳細については確認取れ次第、またご案内したいと思います。

ドローン買ってすぐに傷をつけたり汚してしまったら凹む!

さてさて、もしマイドローンを購入したら、当然大事にしたいですよね。そう、新車を買った時のように大事に大事に使用したい。でも屋外で飛ばすものである以上、やっぱり傷や汚れは付きます。購入早々に傷なんか付いてしまおうものなら、それはそれは凹みますよね。実は私、ドローンでは無いのですが、昔新車購入して数日ですり傷をつけてしまったことがあり、相当凹んだ記憶があります。必死になってコンパウンドで磨いてみたりしたものです。(多少は分かりづらくなりましたが、結局板金塗装をお願いしました・・・。)せっかく購入したドローンは大事にしたいという方はぜひ、このまま最後まで読み続けてください!

マイドローンを傷や汚れから守りたい!そんなアナタに2つのサービス(DroneWraps®・DroneCoating)をご紹介!

紹介したいサービス(1)DroneWraps®

株式会社ダイヤサービスが運営するドローン専門ショップ「DRONE GARAGE」にて日本で初めてサービス提供を開始したドローンラッピングサービス。その名もDroneWraps®。高級車にも貼って糊残り無く剥がせる専用の薄いフィルムを機体に施工するサービスです。洋服を着替えるようにお好みの色に機体をカラーチェンジしながら、機体を軽微な傷から物理的に守ってくれます。飽きたら剥がせば元通り!糊もほとんど残りません。

フィルムのご購入はこちらから
Amazonからも購入できます

不器用だからうまく貼れるか心配、という方のために、DRONE GARAGEが施工までお引き受けすることも可能。どうせなら機体もDRONE GARAGEで購入してしまえば、納品時にはすでにフィルムが施工された状態でお手元に届きます。

紹介したいサービス(2)DroneCoating

その昔、自動車にワックスするなんておかしい、というのが一般的でした。ところが趣向が徐々に変わり出し、自動車を移動手段の道具から趣味として捉える人が多くになるにつれ、愛車を大事にしたいとの流れからワックスというものが流行り出しました。その後、より持続効果のあるものとしてコーティングというものが生まれ、今では新車だろうが中古車だろうが、見積書には必ずと言ってよいほど、コーティングは追加されてますよね。

そのコーティングをドローンにやってしまおう、というのがDroneCoatingなんです!こちらも日本で初めてダイヤサービスが手掛けたサービス。パット見はほぼなにも変わらないのですが、コーティングすると機体の表面がツルツルします。汚れが付いても簡単に落とせるようになります。何よりも機体に付いてしまうあの虫の死骸!DroneCoatingしておくと、本当に簡単に虫の死骸を除去できるんです!DroneCoatingは機体の持ち込み対応可能ですし、DroneWraps®同様、機体の購入と合わせてDRONE GARAGEに依頼いただくことで納品時にはコーティングされた機体を手にすることができます。

DroneCoatingの依頼はこちらから

DroneWraps®・DroneCoatingはこれからドローン購入する人にこそオススメしたい。

いかがでしたか?そんなもん意味ないよとか、道具なんて使い倒してナンボと仰る方もたくさんいると思います。人それぞれなので、とやかく言うつもりはありません。でも、イチローのように道具を大事にしたいというアナタにこそ、オススメしたいサービスとして紹介いたしました。

スポンサーリンク

ドローン未経験者・初心者必見!