こんにちは、みはらです。

突然ですが、皆さんはドローンを飛行されている際ついついモニターに夢中になってしまって

「あれ?!・・・・私のドローン・・・・どこだ?!(冷汗)」

といった経験はありませんか??

また、ずっとドローンを確認しながら飛行をさせていても、天候や飛行場所によってドローンを確認しずらいと感じたことはありませんか??

私も、業務でドローンの安全管理を行うのですが、Phantom4などの白い機体を曇り空のような白んた空で追い続けるのはなかなか目が疲れます。

では、いったい何色であれば見つけやすいのか、皆さん気になりませんか??

私はとてもとても気になるので、毎度のことながら実験してみました!!!

視認性テストを実施してみよう!!!

今回の実験で使用した「色」は次の6色です!

 (フィルム名:ダイヤモンドレッドラメ)

黄緑 (フィルム名:キウイーグリーングロス)

 (フィルム名:レモンイエローグロス)

水色 (フィルム名:グロススカイブルー)

金色 (フィルム名:ダイヤモンドゴールドラメ)

オレンジ (フィルム名:グロスバーントオレンジ)

また、実験はこのような晴れた日に行いました。

実験前の私の予測は、「青」の補色である「」色のフィルムが最も視認性がよいのでは?!でしたが・・・・ドローンマイスターである戸出編集長の予想は「黄色」です!

さぁ、どちらの予想が正しいのか。はたまた、どちらも正しくないのか・・・・。
当社恒例の「おいしいジュース」をかけて実験スタートです!!!

最も視認性のよい色は・・・意外にも?!

高度約15mを飛行するドローンを、約60m離れた地上から太陽を背にして観測した結果は・・・・

1位 黄色!!!
2位 オレンジ!!

でした!!

さすがはドローンマイスター!(降格になったらしいけど。)編集長の予想が見事に的中です!
意外なことに、青の補色にあたる赤は判別することができませんでした。
また、光が真横からドローンにあたる地点から観測した結果は

1位 オレンジ!!
2位 黄緑!

でした!

どうやら、視認性には「色」だけではなく、「彩度(明るさ)」や「光が当たる角度」が関係するようです。
つまり、同じ色であっても様々な種類がありますが、今回の結果からはより明るいものの方がよく見えるのではないかということがわかりました(1回の実験結果のため、ご参考程度にしていただけると幸いです)。

もちろん、この実験結果は空の色(背景の色)が異なれば変化するはずです。
そのため、次回は曇り空で同様の実験を行う予定ですので、是非とも続報をお待ち下さい!!

ちなみにDroneWraps®でも黄色オレンジのフィルムを用意しておりますので、ぜひぜひ、ご覧いただき、お買い求めくださいね。