こんにちは、みはらです。

昨日(3月27日)、第1回 Telloを使ったプログラミング教室を実施致しました!

参加者はなんとなんと16名!
高学年7名、低学年9名の元気なお子さんが春休みを利用して弊社の事務所に来てくれました!

プログラミング教室では何をしたの?

今回のプログラミング教室では、プログラミングでTelloを飛ばす以外にも、
○ドローンってなに?
○ドローンはどうして飛ぶの?
○そもそもプログラミングってなに?
などについても説明をいたしました!

参加して下さったみなさんが、拙い説明でもしっかり考えながら聞いてくれていたのがとても印象的です。

いよいよ、飛ばしてみましょう!

実際にプログラミングを使ってTelloを飛行させる時は、高学年組と低学年組に別れました。
その際、「ただ飛ばす」のではなく、低学年では
「マーカー(目的地)に到達するためにはどのようなルートで飛べばよいか?」
高学年では
「3つのBoxの上を最短の時間で通過するにはどのようなルートで飛べばよいか?」
という課題(ミッション)に挑戦して貰いました!

このミッションをクリアするために使用してよいのは、たったこの3つだけです!
○Tello
○PC
○30cmの定規
我ながら、なかなか難しい課題を設定したものだと思いましたが、みなさんがどのような方法で解決策を見つけ出すのかワクワクしながら見守りました。

みんな真剣な目で最適なルートがどれなのか、意見を出し合いながらプログラミンを組んでくれました!
その解答はどれも想定していたものを上回るもので正直とても驚きました!














みなさんの感想は?

プログラミンははじめて!というお子さんがほとんどでしたが、楽しそうに、そして真剣に取り組んでくれていたのがとても印象的です。
せっかくプログラミングを組んだのに、思うようにTelloが飛んでくれないといったハプニングもありましたが、ほとんどの子が
「楽しかった!」
といってくれたこともとても嬉しかったです。

第2回のプログラミング教室の実施はまだ未定ですが、また沢山のお子さんが参加していただけるように努力していきたいと思います!