こんにちは、千葉DRONE WALKERの戸出です。

実は少し前に、有名なドローンレーサー「横田」さんのレーシング機のフレームにラッピングを行いました。若干無謀かと思いましたが、闇雲にお断りするのも嫌でしたし、一度やってみようと思いお引き受けしました。

届いたフレームがこちら。

目のないフィルムであればまだ良かったのですが、一発目からいきなり、ヘアラインの目のあるフィルム!組み立てた時の目の向きがバラバラだとおかしいので、そこを注意しながら施工しました。言わずもがな、1個ずつのパーツにフィルムを貼り、余分な部分を細いカッターでカットしていきます。相当細かい作業ですので、老眼鏡必須です。(笑)

DroneWraps™とは>

無機質なドローンに色の付いたフィルムを貼ることでオリジナルの一台に仕上げるサービス。高級車に施工しても糊残りなく剥がせるフィルムを使用しているので、飽きたら元通りに復元が可能なことが大きな特徴。

カッターでフィルムをカットする際は一層の集中が必要なため、どうしても呼吸を止めてます。このためにため息が止まらなくなるんですね。おかげさまで横にいるスタッフにうるさいと怒られました。(笑)そうして怒られながら完成したラッピングフレームがこちらです。

あとは横田プロに組み立てていただくだけとなりますので、この状態で返送、昨日無事に組み上がったようです。写真を拝借しましたので、掲載しておきます。

どうですか!これでレーシング機は間違いなく、3倍速くなりますね。

レーシング機のフレームラッピングについてはどうしてもワンオフでの対応になるため、それなりの金額にはなってしまいます。が、他の人と同じでは嫌だというわがままを、フィルムによってオリジナルの一台に仕上げることが可能です。ご興味ございましたら、こちらよりお問い合わせください。

スポンサーリンク

ドローン未経験者・初心者必見!