千葉DRONE WALKERを運営する株式会社ダイヤサービスでは空撮「SORA.blue」だけではなく、飛行練習場「HATAドローンフィールド千葉」運営やドローン用のフィルム販売・施工「DroneWraps®」なども行っております。本日はこのうち、DroneWraps®について、以前にも書いたかもしれませんが再度説明をさせていただければと思います!

スポンサーリンク

ツクモでドローン!

FRESH! AKIHABARAチャンネルで放送予定!

DroneWraps®とは

DroneWraps®は2015年より弊社が日本で初めて事業として始めた、ドローンに色の付いたフィルムを貼ってカラーチェンジを行うラッピングサービスです。ご存じの方もいるかもしれませんが実は弊社、自動車整備業を別に行っておりまして、ここでカーラッピングという仕事を展開しております。塗装ですと復元が難しいことから価値が下がってしまいますが、ラッピングフィルムであれば剥がせば元通りなんですね。このため、高級車を中心に今日本でもかなり人気のあるサービスなんです。この技術とノウハウをドローンに転用させたものがドローンラッピング「DroneWraps®」になります。

特徴①糊残り無く剥がせるフィルムだけを使用。だから剥がせば元通り

ドローンラッピング「DroneWraps®」で使用しているフィルムは全て、カーラッピング用のフィルムです。フェラーリやランボルギーニ、ポルシェなどの高級車に施工しても糊残り無く剥がせるフィルムのみを使用しています。これが安い看板用フィルムなんかを使用してしまうと、剥がした時に糊でベタベタになってしまい、除去する際に特別な溶剤を使用しないとダメというケースまで発生してしまう可能性があります。この溶剤はボディーを痛めてしまう可能性も高く、オススメできるものではありません。

特徴②他のユーザーとの差別化になる

周りでドローンを所有されている方はほとんど、DJIの機体ではないかと思います。みんなPhantomの白いボディーかMavicの黒いボディーで、面白味がない。だったら色を変えてしまえば差別化になると思い立つ方も多いかと思いますが、いかんせん塗装するには全部バラしてシェルのみの状態にしないと難しい。そこでフィルムの出番なんです。

特徴③機体の保護になる

意外とドローンって汚れませんか?特に虫の死骸が付いてしまうと、無理に取ろうものなら汚れとして伸びてしまい、シミになってしまうことも。車好きの方ならイメージ湧きやすいかもしれませんが、高速道路を走った後のフロントバンパーを思い出してみてください。洗車の時、けっこう落とすのに苦労されませんか?フィルムなら最悪、フィルムごと剥がせば元通りですし、そもそもボディーにくっつくよりも除去しやすいです。

現在の展開はDJI製のPhantom3 Pro/Adv.、Phantom4、Mavic、SPARKの4機種

現段階では、DJI製のPhantom3 Pro/Adv.、Phantom4、Mavic、SPARKの4機種に対応しています。一番売れているのはMavic用です。やはり売れているだけありますね。

DroneWraps®人気カラーベスト3を発表!

一番人気なのがブルーカーボン。やはり空モノということで、青をイメージされる方が多いのかもしれません。比較的厚めのフィルムですので、機体保護にもぴったりです。

続いて二番人気がブラックカーボン。カーラッピングでは圧倒的に一番人気なのですが、やはり定番中の定番ですよね。ブラックカーボンを施工するとスポーティな雰囲気になり、何となくスピードまでアップしたかのように感じます。また、ブラックはボディーを引き締める効果がありますので、機体が締まって見えるのも特徴の1つです。

そして三番人気がブラッシュドレッド。ヘアラインのマット調の赤はさながらガンダムのシャアのイメージ。ヘアラインのおかげで特にMavicでは高級感が出ます。個人的には一番好きな色です。

DroneWraps®販売・施工店のご紹介

現在のところ、下記店舗で取扱中です。最寄りの店舗までお気軽にお問合せください。またお取り扱い希望の企業様がおりましたら、お気軽にお問合せください。

DroneWraps®直営店(販売・施工)
Amazon(販売)
DRONE WALKER支店(販売・施工)
DJI新宿(販売)
株式会社ワイズ技研(販売・施工)

オリジナル物などの特注にも対応

基本的にはオンラインサイトで販売されているもののみの取り扱いになりますが、ご要望があればオリジナル柄や企業ロゴ入れなどにも対応できます。錆プリウスならぬ、錆ドローンもあります。

ただし、、、金額はそれなりにかかります。ご希望の方がおりましたら直接お問合せをいただければと思います。

DRONEWRAPとは違うの?

何度となくご質問を頂いているのですが、非常に似た屋号「DRONEWRAP」でサービス展開をされている企業様がおります。こちらは弊社とは全く関係のないサービスとなりますので、お間違いの無いよう、お願い申し上げます。混乱を避けるため、弊社では「DroneWraps」の商標登録を済ませております。

(※現在は名前を”WRAPGRADE”に変更しているようです。たまたまネーミングが近かったということだと信じておりますが、先方の方でいつの間にか名称変更をしてくださいました。この点について、弊社では歓迎と感謝の意を示します。残念なことにAmazon等ではそのままになっていますが、おそらくもうじき、変更してくださるものと思われます。(9/16追記:Amazonのほうでも”WRAPGRADE”に名称変更くださっていることを確認しました。ありがとうございます。)共にこのドローンラッピングというサービスの知名度向上を目指すことができればと考えます。)

スポンサーリンク

ツクモでドローン!

FRESH! AKIHABARAチャンネルで放送予定!