こんにちは、千葉DRONE WALKER編集長の戸出です。本日はお約束のとおり、ドローンフィールド(ドローン飛行練習場)の立地についてお話します。

スポンサーリンク

ドローン未経験者・初心者必見!

まずは現在どこにドローンフィールドがあるのか調べてみよう

そもそも簡単にその辺でドローンを飛ばすことはできない、という話は前回触れたかと思います。加えて公園や河川等でも自治体等で飛行禁止としているところも多く、結果として飛行練習場を活用するのが最も無難となります。まずはDJI JAPANのホームページで、ドローンフィールドの検索を行うことが可能ですのでチェックしてみましょう。

こやってみると、まだまだドローンを飛ばす場所は少ないですね。いやまあ、ドローンというもの自体がまだまだマイナーでもあるわけですが・・・。とはいえ空の産業革命とまで言われる以上、これではまだまだ足りないですね。

屋外ドローンフィールドに向かない場所

さて本題です。果たしてどのような場所であれば屋外ドローンフィールドとして適切なのでしょうか?なかなか絞りにくいと思いますので、まずは逆に絶対に避けないとならない場所から列記していきたいと思います。

1.人口密集地内

航空法により、人口密集地だと国交省の許可・承認無しには飛行できません。また航空法は私有地にも適用されますので、ご注意ください。どんなに広い土地を人口密集地内にお持ちであっても、航空法が優先されます。

2.空港やヘリポート近く

これも航空法により、飛行そのものが禁止されていたり、もしくは飛行できても飛行高度に制限があったりします。空港やヘリポート近くでの開設は避けてください。

3.消防ヘリの緊急離着陸場所

意外と知らない方が多いのですが、緊急時の消防ヘリの離着陸場所というのが全国各地にあります。例えば当社のある千葉市でも、これだけの消防ヘリ離着陸場所があります。土地が空いているからいいや、ではなくて、消防ヘリの緊急離着陸場所に指定されていないことは必ず確認してください。普段から離着陸するわけではないから関係ないだろと主張される方がいるかもしれませんが、仮にドローンが150m付近まで上昇中に消防ヘリが着陸すると決まったらどうされますか?ドローンが着陸するまでに数分は要します。その間に消防ヘリは時速200キロ以上で近付いてきます。危ないので絶対に避けてください。

4.交通の便が悪い

あまりにも辺鄙な場所ですと、その場所まで行くのに時間がかかってしまいます。なんだかんだ言っても、駅やインターチェンジから近いほうが良いです(あまりにも近いのも安全管理上、問題です)。遠いと集客に苦労してしまいますので、よほどのコンテンツが逆に必要となってきます。

5.観光名所のすぐ近く

人口密集地でないとしても、観光名所になっているところには多数の方が来場されます。何かあった際には怖いですよね。観光名所のすぐ横というのは避けたほうが良いでしょう。

6.風の強いところ

最近の機体はある程度の風でも姿勢を制御できるようになりつつありますが、それでも風の強い日はコントロールが難しいです。また、国交省に飛行許可申請を行う際、国交省が作成した飛行マニュアルを使用されている方がほとんどだと思いますが、そのマニュアルによると風速5m/sを超えた状態では飛ばさないと明記されています。一年中風の強い場所は避けてください。

逆にここは良いぞという場所はどこ?

これはそのドローンフィールドを将来的にどうしたいのかによって異なってくると思います。数年間ドローンフィールドとして飛行練習場の開放ができれば良しとするのか、例えば将来は宅配ドローンの離着陸スペースとしたいのか、実証実験の場として極めたいのか、など目的によって変わってきます。自分の土地をドローンフィールド・ドローン飛行練習場にされたいという方がおりましたら、ぜひ当社まで一度ご相談ください。そもそも活用できそうなのか否か、活用できる場合はどのような活用方法があるのか、診断いたします。

スポンサーリンク

ドローン未経験者・初心者必見!