こんばんは、千葉DRONE WALKER編集長の戸出です。先日ご紹介のとおり、オートバックスがドローン事業に参入し、DJI製品の販売を開始することはお知らせしたと思います。今回、そのオートバックスが新たな動きを見せましたので、まずはその動きについてご紹介します。

スポンサーリンク

ドローン未経験者・初心者必見!

オートバックスがドローンフィールドの運営とパイロット養成を開始

自動車メディアResponseの記事を引用してご紹介します。

オートバックスがドローン飛行場を開設、兵庫県三木市…練習・試験・イベントなど
オートバックスセブンは、近畿圏最大級となるドローン飛行場「オートバックス エアベース」を11月25日、兵庫県三木市にオープンすると発表した。

オートバックス エアベースは、三木市にある同社物流拠点「西日本ロジスティクスセンター」の敷地内に開設。飛行エリアは1万平米(約3030坪)で、近畿圏最大級の規模となる。同飛行場は、ドローンの操縦・飛行技術の向上を目的とした練習場として利用できるほか、ドローン協会等と協力して飛行検定試験やドローンの体験イベント、ドローンレースなどの開催も予定している。

同社は、2017年9月より、DJIジャパンと正規代理店を締結し、一部のオートバックスグループ店舗にてドローン販売を開始。今回、ドローン飛行場を開設し、ドローンパイロットとしての知識や航空法などを学び、操縦技術を身に付ける場を提供する。

オートバックス エアベースの営業時間は土日の10時から17時までで、施設利用料は2時間3000円。11月17日から専用ウェブサイトより予約受付を開始する。

また同社は、ドローンの製品紹介やイベント情報などを紹介するポータルサイトも開設。安全に飛行するためのガイドやDJI製品の取扱店舗などを掲載している。

要約してしまうと、ドローンフィールドの運営を行い、同時にパイロットの養成も行っていくとのこと。今マネタイズできることをまずはやりましょう、ということのようです。

カーアフターマーケットの現状は非常に厳しい

国内の自動車保有台数の減少、若者の車離れ、そしてオプション類の標準装備化により、カーアフターマーケットの市場は非常に厳しいものがあります。カーアフターマーケットの市場規模は一説には10兆円とも言われていますが、カー用品に限って言うと約1.7兆円、現在はそれ以下になっているはず。スタッドレスタイヤなどの必要不可欠な商品はまだそれなりに売れ続けるでしょうけど、カーナビやオーディオ関係の落ち込みは半端ないはず。手元のスマートフォンやタブレットで十分代用できてしまいますからね。現在需要が見込めるのはせいぜいドライブレコーダーぐらいではないかと思いますが、これだって一部車種には標準装備化の動きがあります。

下記はカー用品の国内市場規模の推移のグラフ。古いものしか見つかりませんでしたが、ご参考まで。2つ目のグラフは縦軸の目盛りが意図的かもしれませんが広くしてあり、あまり差がないように一見見えますが、実際には増税前の駆け込み需要などはあったものの、全体的には右肩下がりです。

オートバックスはカーアフターマーケットの限界に気が付いた

ここまで書けば誰でも将来性に乏しいというのは分かると思います。実はダイヤサービスもカー用品の取り付けを長年行ってきた会社ですが、末端の会社だっただけにもう10年前に先がないと気が付きました。そして紆余曲折あって自動車関連企業としてはどこよりも早く、ドローン事業へと参入していきました。それから遅れること数年、カー用品販売最大手のオートバックスもドローン事業へと参入を開始しました。恐らく数年前から将来性は危惧していたはず。が、大きな会社ですからアクション起こすまでに時間を要したのでしょう。

何れにせよ、既にオートバックスやイエローハットなどのカー用品店の出番はもう無いというのが実情です。実際、土日にオートバックスなどのカー用品店に行っても駐車場はガラガラ、店内は閑古鳥状態です。

自動車とドローンはビジネスの親和性が非常に高い

ダイヤサービスにしろオートバックスにしろ、将来性に限界を感じてドローン事業へと参入しました。確かに他の事業という選択肢も考えられるかと思います。何もドローンでなくても良いのではないか、とお考えの方もいるかと思います。が、ここは断じて、そうではないと言いたい。

実は自動車とドローンは親和性が非常に高いのです。では具体的にどういった点で親和性が高いのか?長くなってしまったので、本題は後編で紹介したいと思います。ぜひお気に入り登録して記事の更新を気長にお待ち下さい!

スポンサーリンク

ドローン未経験者・初心者必見!